日本人が英語が話せないとされる理由

日本人の多くが英語を話せない、ということは以前からたびたび言われてきましたし、実際そうなのでしょう。その原因はいろいろあると思われますが、筆者が最も問題視しているのは、「日本人の英語に対する過度な完璧主義」が蔓延していることです。例えばインターネット上で日本人が外国人と英語で会話をしている動画を見たことがありますが、そこでのコメントを見てみると、その日本人の発音の不完全さや流暢でないことを指摘するような日本語のコメントもしばしば見られます。

しかし、英語が母語ではない外国人の話す英語を聴いてみるとよく分かりますが、実際には英語はネイティブのような流暢さで話す必要はありません。はっきり言ってしまえば、英会話においては、自分の伝えたい内容が相手に伝わったかどうかが一番の問題なのであって、話した英語が流暢であったかどうかは二の次と言ってもよいものです。自分は英語が流暢に話せないからと、相手との意思疎通を放棄してしまうのは本末転倒と言えるのではないでしょうか。